保育、子どもについての考え方

一市民としての子どもの尊重

子どもが一市民として歓迎され、その権利を尊重され、また、現在を最もよく生き、より良い未来を作り出す力の基礎を培う

子ども時代の今を豊かにする家庭との連携

子ども時代は〝準備期〝ではなく、人間性の土台を築くため、それ自体が意味を持つ人生最初の  段階であり、それを豊かなものとするために、保育者・保護者が連携する。

子どもと地域が育つコミュニティの創造

子どもは社会・文化の中で育つ。地域の資源や文化を子供の社会参加にいかし、充実・発展させる。保育所を拠点として地域のつながりを強め、地域全体の福祉や家庭支援につなげる。

​保育についてより詳しくご覧になりたい方はスライドボタンを押してください

​一日の流れや、考え方の詳細を記載しております。

保育理念(大事にしたい価値観)